パニック障害を発症しやすい人

スポンサードリンク

パニック障害を発症しやすい人はどんなタイプの人が多いのでしょうか?

パニック障害の発作が起きてしまう引き金になるのは、親しい人が亡くなるなどの別れや離婚、身内の病気、大きな仕事など何か重大なことをやり終えた後、などの精神的なダメージが原因になることが多いようです。

また、徹夜明けや深酒、極度な過労など身体的に疲労困憊して疲労が深い状態の場合もあります。

パニック障害を発症しやすい人というタイプは特になく、パニック障害は体質や性格などには関わらず誰にでも起こりうる可能性のある病気です。

パニック障害の発作が起きるのは、身体的肉体的に疲れきった状態のときや、長時間にわたり緊張状態が続いたことによる心身お疲労、徹夜や長時間の労働などにより、血液の中の乳酸と呼ばれる疲労物質の濃度が高くなると、パニック障害の発作が起こりやすくなるという考え方もあります。

パニック障害を発症しやすい人は、社会的に責任のある世代に多く見受けられ、ちょうど働き盛りの頃にパニック障害の発作を発症してしまうことも多いようです。

また、パニック障害を発症しやすい人にはコーヒーを多飲する人が多いという考え方もあるようですが、いまのところコーヒーなどのカフェインとパニック障害との関連性は判明していません。

ただし、カフェインには興奮作用があり、脳などを刺激する作用もあるので、パニック障害の疑いのある人はコーヒーなどのカフェインのとり過ぎには気をつけたほうが良いでしょう。


メールマガジン【パニック障害克服体験談】登録はこちら