パニック障害の症状

スポンサードリンク

パニック障害(PanicDisorder)とは、ある日全く突然に激しい動悸や息苦しさ、激しい動悸、めまい、発汗などの症状と、自分が死んでしまうかもしれないという恐怖や不安感をともなったパニック発作を発症し、そのパニック発作を何度か繰り返している場合をパニック障害といいます。

パニック障害になると、不安感からパニック発作を発症しそうな物や場所を避けるため、たくさんの人が集まる場所に出られなくなったり、電車やバス、飛行機などの乗り物に乗ることもできなくなってしまいます。

パニック障害の症状は、呼吸困難、発汗、激しい動悸、めまい、手足のしびれ、冷や汗、気が遠くなるような感じなどの症状に、コントロールを失うような恐怖感やさまざまな不安感などをともなった発作が、ある日突然発症します。

パニック障害の症状が出るのは原因に身体的なものはなく、精神的な不安や疲労の蓄積により発症するようです。

パニック障害の症状は、発作が起きた場合の症状は10分から30分位で治まることが多く、何時間にもわたる長いものではありません。

そのため、激しいパニック障害の発作が起きて、恐怖と不安で病院に行った頃にはパニック発作が治まっていることも多く、また、医学的に検査をしても身体的な異常が認められないことが多くあります。

このようなパニック障害の発作を何度も繰り返して発症することをパニック障害といいます。

パニック障害の症状には、電車やバス、人ごみなどの状況を避ける広場恐怖と呼ばれる恐怖感をともなうパニック障害と、広場恐怖のような恐怖感のないパニック障害とに分けられます。

メールマガジン【パニック障害克服体験談】登録はこちら