曝露療法

スポンサードリンク

パニック障害の治療方法には曝露療法というのがあります。

曝露療法とは、不安や恐怖を感じてしまう状況や場面、場所などにあえて身をおき、恐怖や不安を感じなくなるまで徐々に慣らしていって、パニック発作が起こらないようにしていく療法です。

曝露療法は、不安や恐怖に感じていることを軽いものから体験し、その恐怖を克服したらさらにもう少し恐怖感の強いものへと段階を追って訓練していきます。
不安や恐怖に関わる時間が長ければ長いほど、また、回数も多ければ多いほど効果があります。

しかし、不安や恐怖に身をさらさなければならないことはかなり大変なこと、効果は高いけれど荒治療になります。
一度失敗してしまうとますます自信を失い、パニック障害を克服するのが難しくなるので、曝露療法を行う時は慎重に行わなければなりません。

パニック障害の患者さんの不安、恐怖に感じることが軽い程度のものから強いものへと段階的に直面し、その時に何を思ったか、どのように感じたか、どのような行動をしたかなどを医師が理解していきながら、ゆっくりと確実に恐怖感を取り除き、パニック発作が起こらないことを繰り返し確認しながら治療します。

曝露療法は電車やバスなどの乗り物に恐怖や不安を感じる場合は、ぎりぎり我慢できるまで電車やバスなどに乗ると言うことを繰り返して恐怖や不安を克服していくものです。

曝露療法を行うときは体調の良いときだけにして、家族や親しい友人が付き添うようにします。
ただし曝露療法はパニック障害の患者さんにとっては苦痛な療法であり、必ず医師の指導も下に行うようにしましょう。

メールマガジン【パニック障害克服体験談】登録はこちら