心理療法

スポンサードリンク

パニック障害のパニック発作などの症状を薬で抑え、発作がおきなくなってきたらパニック障害の治療に心理療法を併用すると効果が高くなります。

パニック障害の治療での心理療法というのは、パニック発作が起きる原因になる事柄に相対することを少しずつ訓練することによって、心身のバランスをコントロールし、パニック障害を克服していくものです。

心理療法はパニック発作がまた起こってしまうのではないか、という予期不安を取り除くことを目的としますので、パニック障害のなかで広場恐怖の症状のある場合に効果があります。

パニック障害心理療法には、何が問題になってパニック発作などの症状が発生するのかを分析し、訓練を積み重ねていくことによりパニック障害を克服する行動療法と、自律神経を訓練し、リラックスすることで自律神経の働きを正常に戻していく自律訓練法があります。

パニック発作の発生する原因となる予期不安や広場恐怖などの症状は、恐怖心を感じたことが潜在的に癖になって同じ状況や同じ場所、現象などでまたパニック発作が起きるのではないかという不安が起こり、過剰に反応した結果またパニック発作を発生してしまういう悪循環を生んでいます。

パニック障害心理療法の中の行動療法では、そういった場所や状況などが「恐いものではない」、ということを心理的に認識し、体験していくことにより自信をつけ、パニック障害を克服していくものです。

メールマガジン【パニック障害克服体験談】登録はこちら