薬物療法

スポンサードリンク

パニック障害の治療方法として薬物療法があります。
パニック障害の治療に使用される薬は、神経伝達物質に作用するものでパニック発作を抑えることから始まります。

パニック障害の薬物療法で用いられる薬剤は、精神機能に作用する抗うつ薬や抗不安薬など向精神薬と呼ばれるものが主体となることが多くあります。

パニック障害の原因として、情報の伝達と処理を行っている脳内の神経細胞が何らかの異常でパニック発作などが発症する原因となっていることがあります。
そのため、脳内の神経細胞の働きを是正する効果のある薬剤が治療に使用されています。

パニック障害を治療するための薬物療法は効果が確実で、パニッック障害の症状の改善には有効です。

パニック障害で薬物療法を行うと、一生涯薬を服用しなければならないのではないかと心配される人も多いようですが、お医者さんの正しい治療のもとならば、薬を徐々に減らしながらパニック発作を抑え、症状を改善し、最終的には薬に頼らずにパニック障害を克服することも十分可能です。

パニック障害の治療のための薬物療法では、薬によってパニック発作を止め緩和させる働きと、パニック障害の二次的な症状である抑うつ症状を緩和させることを目的とします。

最近では副作用や依存性などのデメリットの最小の薬剤がたくさん開発されています。
パニック障害は慢性的な病気なので、パニック障害の治療は長期にわたり薬を服用する必要が出てきます。

パニック障害の薬物療法では、医師の正しい診断のもとに処方された薬を自己判断で増やしたり減らしたりせずにきちんと服用することが必要です。

メールマガジン【パニック障害克服体験談】登録はこちら