SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)

スポンサードリンク

SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)とは、安全性の高い抗うつ薬として開発された新しい薬です。

パニック障害などの治療にも使用されるようになり、パニック発作の抑制に高い効果があることが判明しています。

SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)は、脳内の神経伝達物質の一つでうつとの関係の深いセロトニンの分泌量を増やすことを目的に開発された薬です。

SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)は神経終末から分泌されたセロトニンが、不要物として神経に再び吸収される作用を防ぎセロトニンを増やす効果のある薬です。

セロトニンは脳神経細胞(シナプス)の継ぎ目のごく小さな隙間(シナプス間隙)を流れているものですが、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)によってシナプス間のセロトニンが増加され、セロトニンの濃度が高くなることでうつ状態を解消する効果があげられるものです。

SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)を続けて服用することで、シナプス間のセロトニンが増加し、パニック発作などのパニック障害の症状が改善されると考えられています。

メールマガジン【パニック障害克服体験談】登録はこちら