パニック障害を経験した芸能人や有名人

スポンサードリンク

パニック障害を経験した芸能人や有名人の人は多いですね。
最近では「パニック障害」という言葉も世間に広く知られるようになってきて、パニック障害という病気の存在が認知されるようになってきました。

パニック障害を経験した芸能人や有名人の方では、ikkoさん、長嶋一茂さん、川上麻衣子さん、円広志さん、田中美里さん、堂本剛さん、高木美保さん、中川家剛さん、アンルイスさん、島田洋七さん、広田レオナさん、比企理恵さん、ニコラスケイジさん、マイケルジャクソンさんなど、他にも多数の芸能人や有名人の方がパニック障害を経験され、そして克服しています。

パニック障害は日本人では100人中1人〜3人位、世界中では100人中5人〜6人位の割合で発症していると言われます。
有名人や芸能人だけではなくパニック障害で悩む人たちの割合は多いのです。

パニック障害を経験した芸能人の比企理恵さんは、友人の勧めで神社めぐりなどのウォーキングを始めてから、パニック障害が軽くなっていったということです。
パニック障害などの症状があると知らずに呼吸が浅くなっていることが多く、運動 によって脳内伝達神経のバランスの乱れが改善されていったのかもしれません。

パニック障害を経験した芸能人の中で、長嶋一茂さんは、落ちる悪夢を見る、地震のような感覚、息苦しさ、激しい動悸、激しいめまい、多量の発汗などのパニック障害の症状を体験しています。
当時、長島一茂さんは病院で自律神経失調症という診断を受けたようですが、自律神経失調症の治療だけではパニック障害の全ての症状の改善にはならなかったようです。

長嶋一茂さんは野球を辞めたことで大きなストレスがなくなったことがきっかけに、パニック障害を克服することができたようです。
パニック障害で一番大切なのは、自分を責めずストレスを上手くぬいてあげることだと長嶋一茂さんは言っています。

パニック障害は、あせらず気長な気持ちで病気と向き合い治療していけば必ずパニック障害を克服し、多くのパニック障害を経験した芸能人や有名人のように人生を楽しむことができるようになります。

メールマガジン【パニック障害克服体験談】登録はこちら