更年期障害

スポンサードリンク

更年期障害というのは女性が閉経を迎える前後10年くらいの時期に、卵巣の機能が低下し、エストロゲンというホルモンが減少するために起こる症状です。

更年期障害の症状は、パニック障害の症状によく似ている症状があります。

更年期障害の主な症状は、倦怠感、ほてり、のぼせ、めまい、むくみ、冷え、だるい、疲れやすい、動悸、息切れ、頭痛、肩こり、腰痛、関節痛、手足のしびれ、痛み、食欲不振、吐き気、便秘、下痢、嘔吐、皮膚が痒い、多汗、頻尿、排尿時痛、不正出血、外陰部のかゆみ、口の渇き、耳鳴り、イライラ、不眠、怒りっぽい、不安感、落ち込み、憂うつなどの更年期障害の様々な症状があります。

これらの更年期障害の症状は全てがいっせいに出るわけではありません。
更年期障害の症状には個人差がありますので、いくつかの症状を併発する場合、症状がひとつの場合、あるいは全く更年期障害の症状に気づかずに更年期を乗り切る人も多くいます。

最近では若年性更年期障害といって20代〜30代の若い女性にも更年期障害の症状を訴える人が多くなっています。

また、男性の方でも更年期障害に似た症状を発症する人も少なからずあり、男性の更年期障害という言われ方をする場合もあるようです。

ホルモンのバランスの崩れることによっては発症するこういった更年期障害の症状の中には、自律神経失調症や、パニック障害の前触れになっているものもあります。

メールマガジン【パニック障害克服体験談】登録はこちら