自律神経失調症

スポンサードリンク

自律神経失調症とは、自律神経の働きのバランスが崩れるために起こる症状のことです。
自律神経失調症は不定愁訴症候群と呼ばれることもあります。

自律神経失調症の症状には、パニック障害の症状に似ているものが多くあります。
例えば、動悸、息切れ、息苦しさ、胸部圧迫感、吐き気、手足のしびれ、腹部膨満感、多汗、知覚過敏、不安感、胸の苦しさなどの自律神経失調症の症状はパニック障害の症状にもあるものです。

自律神経失調症の症状はパニック障害の症状のように、身体の各所や臓器、そして精神面にも深く関わってくる様々な症状があります。

自律神経失調症の症状には他に、疲れやすい、めまい、冷え性、血圧、喉の異物感、頭痛、肩こり、腰痛、背痛、力が入らない、ふらつき、食欲不振、便秘、下痢、下腹部痛、腹部不快感、みぞおちの痛み、ガス、皮膚のかゆみ、鳥肌、頻尿、生理不順、目の疲れ、耳鳴り、口の渇き、イライラ、不眠、物忘れ、集中力低下などの全身症状から精神症状に至る様々な症状が見られます。

パニック障害と同じように自律神経失調症も心理的なことが強く作用し、心身のあらゆる機能に影響を及ぼしていると考えられます。

自律神経失調症では、身体の特定の臓器や器官に症状が強くあらわれた場合は医師によって違う病名に診断される場合もあります。

他の病名の参考例では、心臓神経症、不整脈、起立失調症候群、起立性調節障害、過呼吸症候群、気管支喘息、過敏性大腸症候群、胆道ジスキネジー、神経性嘔吐症、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、偏頭痛、緊張性頭痛、メニエール病、咽喉頭異常感症、口腔内異常感症、舌痛症、顎関節症、円形脱毛症、発汗異常、慢性じんましん、夜尿症、心因性障害、膀胱神経症、更年期障害などがあります。

メールマガジン【パニック障害克服体験談】登録はこちら