妊娠中の胎児への影響

スポンサードリンク

パニック障害を発症する年代は比較的若い人に多く、20〜30代の女性にもパニック障害が発症している人は多くいます。

パニック障害で薬物療法などにより治療を行う場合は、妊娠中の胎児への影響も心配されるところです。

パニック障害の治療薬である薬物に、妊娠中の胎児への影響で悪い影響をもたらすものがあるのではないかと心配になる人も多いようです。

妊娠中の胎児への影響でパニック障害の治療薬が悪影響を及ぼすかどうかは、今のところ判明していません。

パニック障害の治療で抗うつ薬や抗不安薬などを服用している場合の妊娠中の胎児への影響は、動物実験ではなんら問題がなくても人体実験はできないので薬の胎児への影響が確認できないのです。

妊娠中の胎児への影響があるかないか判断ができない状況であるので、できればパニック障害の治療薬を妊娠中に服用するのは避けたほうが無難なようです。

パニック障害の治療中でこれから結婚、妊娠を考えている人は、まずお医者さんとよく相談して妊娠・出産とパニック障害の治療を併用できるかどうか決めた方が良いでしょう。

メールマガジン【パニック障害克服体験談】登録はこちら